天然水と人工水

天然水と人工水

ウォーターサーバーを探すときにちょっとこだわりがある人だとどこの水を使っているのかという部分に重点を置いて探す人もいると思います。
ところでこれらのウォーターサーバーというと一見すべて天然水を使っているようなイメージがあると思いますが、
よく比較などをしてみるときにお気づきになると思いますがすべて天然水というわけではないということに気づかれると思います。
一般的に天然水をそのままボトリングしている商品と人工のお水をボトリングして出荷するといった2種類、あると考えたほうが良いのです。
一般的に人工水といわれているものに関してはRO水と呼ばれるものになっています。
RO水は超極小孔フィルターでろ過をしたお水になります。
どういうことかといいますとものすごく穴が小さすぎで水を通すのも無理なようなフィルターに水をろ過させるように力を加えて水を通します。
なので水に含まれている可能性で心配になる要素のダイオキシンやO−157といったものもろ過で取り去ることが出来るというものです。
また一説によるとRO水のろ過の穴よりも放射性物質が大きいために放射性物質の除去も可能だということも言われています。
とてもくせがない水に仕上がり不安要素の除去も出来るので一見良いように見えますが、
水に入っているミネラル成分も除去されてしまうという特徴もありますので後からミネラルを添加しているケースが多いです。
なのでウォーターサーバーを探すときに比較サイトなどで一部載せてあるサイトなどもあるのですが、
どこのお水を使っているかという部分で天然水のみか、人工水のみか、
もしくは天然と人工を混ぜているのかといった情報などを見る事も出来ます。
自分がウォーターサーバーを利用する際には天然水が良いのか、それとも安全に利用できる可能性があるRO水を選択して使うのかという判断をして探すようにするとベストなウォーターサーバーを見つけることが出来るようになると思います。

Copyright(c) 2016 ウォーターサーバーは結局どこが安い? All Rights Reserved.